イオン銀行の住宅ローンは審査がゆるい?口コミは?

マイホームを持つことにはあこがれるものですよね。

そうはいっても、家を買うには数千万単位のお金が必要です。

このため、現金をすぐに用意する。

という事は、かなり難しいです。

それでは、住宅ローンを組むにはどうすればいいのか?どこから借金をするのか?様々な方法がありますが、一番良いのは銀行や信用金庫といった住宅ローン審査甘いところでしょう。

借金したいところを自分で選んでも良いのですが家を建てる時にお世話になる不動産屋と銀行側が協調している場合もありますから不動産屋の選択に任せても良いでしょう。

新築を建てるには予算がないけれども、何とかしたいそんな方におすすめなのが中古物件の住宅ローンです。

ただ、これはしっかり調べて確認しておく必要があります。

まずは住宅ローンの返済期間が新築の場合と比べて短いという特徴があります。

理由として、年数が経過しているために安全性が問われ物件を扱う会社も早めの返済を求めてくるのです。

安価な価格で購入できる利点もありますが、住宅ローン審査甘いのか、しっかり調べないと思っていたよりも高い支払いを迫られるかもしれません。

物件によってはリフォームを必要とする場合もあるので全部で、どれ位の費用がかかるのか計算しておきましょう。

環境のいいマンションを購入するという事は夢でもありますよね。

ですが、その前に必ず住宅ローン審査が必要です。

もちろん、住宅ローンを借りる必要がなければいいのですがそういうやり方は一般の人には難しいですよね。

ですから、一般的には銀行の融資に頼る方が多いです。

住宅ローン審査甘いものではありませんし、数ある審査の中でも特に厳しい物だと言われています。

35年間支払いが出来ないといけないので、中にはイオン銀行の住宅ローン審査に落ちる人もいらっしゃいます。

住宅ローン審査に通過できない一番の理由は収入面です。

イオン銀行の住宅ローン審査を問題なく通過するには、最低ラインで300万円以上の年収がなければいけない。

と言われています。

ただ300万円以上あれば良いという訳でなく、勤続年数・どのぐらいの規模の会社か。

という事も重要なポイントです。

住宅ローン審査甘い所をどこで選ぶかこれも大切なポイントですが、変動金利か固定かを選択しなければならないので難しいのです。

なぜなら、固定であれば毎月同じ金額を返済すれば良いので気になった時に、返済額を確認出来るという利点があるからです。

ただ変動の場合はその時の景気によって大きく左右される為、返すべき住宅ローンの残高も推測でしか計算する事が出来ません。

それでも、今は低金利といわれる時代のせいかおよそ4割の方はこちらを選択しているという結果があります。

これからの金利がどうなっていくのかも予測しながら、将来の住宅ローンの負担を軽くするために今から出来ることを始めましょう。

自分の家を買う時に現金払いができるこの様な事は、まず無いに等しいでしょう。

たいていの方は、銀行などの住宅ローン審査甘い所から借金を申し込むのが普通です。

周りで住宅ローンを組んでいる人の、何が一番大変か?という話を聞くとやはり、毎月の住宅ローン返済の事を言う方が多いです。

住宅ローンの返済は最長35年にもわたってし続けなければいけません。

支払の間は、金利や景気の状況も左右してきますしまた、何が起こるかわからないのが人生急に病気や事故にあう事だってあり得ます。

ですから、常に今後のリスクに備えて住宅ローンを考えることをお勧めします。

もしも、住宅ローン審査甘い所に通過後、返済中に失業してしまったら今後の返済プランはどうなってしまうのでしょうか。

トラブルが起こってもしっかりと対処できるように備えましょう。

今、どのような状況に自分が陥っているのか確認します。

クビになった原因が自分にあるのか、それとも会社側にあるのかこれによって退職給付金の支給額が大きく変わるからです。

職場の事由であれば、失業手当が1年間支給されるはずなので再度、就職するために探しながら返済もしていけると良いですね。

しかしながら、一回でも住宅ローンの支払いが滞ってしまうと難しくなるので出来る事から一つ一つ確実にこなしていきましょう。

そろそろ自分の家が欲しいと思ったとき金融機関で申し込み可能な住宅購入時の貸付が頼れます。

申し込みした場合、初めにイオン銀行の住宅ローン審査があります。

引用:http://www.homeloan-guide.net/banks/aeon.html

それにパスが出来ないと次の段階には行けません。

ここで特に重要と判断されるポイントは年収や務めている年数、仕事の内容が主になります。

住宅ローン審査甘い所でも厳しくチェックすることがあるので仮にマイホームの購入を今後検討しているのであれば使用しないか、必要な時だけにするのが良いでしょう。

自分の家を購入するときの資金として、必要になる住宅ローンです。

住宅ローンの申し込み法は手軽にでき近場にある金融機関で可能ですし忙しい方はネットバンクなども利用してみると良いと思います。

なおかつ、お世話になる不動産に紹介される銀行等に決める方法もありますので、都合に合わせて選べます。

申請後の住宅ローン審査甘いところに通り、実際の支払が始まった場合10年間、住宅ローン減税の措置を受けることができます。

その場合は、年末調整ではなく確定申告で住宅ローン減税の申し込みをしなくてはいけません。

最近では様々な住宅ローンの商品が出回っており、住宅ローン審査甘い銀行など、どこの住宅ローンを選べば良いか分らない、これだと自信を持って言えないというのが現状です。

そのような場合にスペシャリストである銀行の担当者に相談し、住宅ローンの借入れをするという方法も一つですがお金がかかります。

今後も金利などのお金を合わせて払い続ける立場にいますので、お金をかけてまで相談したくないという方が殆どです。

今ではFPの資格を持っている仲介者が多く、しっかり探せば相談料がかからずにプロに見てもらえます。

後悔しないためにも、いくつか住宅ローンを調べておくと良いですね。

自分の家を買うとき、だれでも最初に考える事は支払の事をどうするか。

という事だと思います。

普通は、住宅ローンを銀行などから借り入れする人がほとんどでしょう。

住宅ローン審査甘いところでの申し込みに関しては、家庭を支えている世帯主の名前で申請するのが一般的です。

支払期間は非常に長いので銀行側も自分たちを守るための保険として団体信用生命保険の申し込みも進められます。

これは、申請者に何かあって支払が滞ってしまう事になった場合借金が0円になる。

といった、家族にもメリットが高い保険です。

住宅ローンで住宅を購入する際、必ず保険会社に加入します。

その保険の名前は「団体信用生命保険」といいます。

団体信用生命保険という保証の内容は、住宅ローンを組んだ世帯主に命の危険があった場合、残りの住宅ローン残額が0になる保証です。

これは残された家族はこれにより、住宅ローンの負担がなくなる。

という特別処置です。

団体信用生命保険の保証会社はその銀行によってちがいますが保証料は銀行負担という所がほとんどです。

こちらが保証料を支払う必要がないので、安心して住宅ローン審査甘いところで住宅を選ぶ事が出来ます。

住宅ローンを申し込んだら審査が待っています。

住宅ローンは最長35年という長い月日の返済になりますので、住宅ローン審査甘いものでは無く大変厳しく行われます。

住宅ローン審査の合否は一週間前後かかり、電話か口頭で伝えられます。

残念ながらイオン銀行の住宅ローン審査が通らないと、お金を借りることはできません。

住宅ローン審査に通れば、契約に移ることができます。

契約時には指定された書類をすべて揃える他実印・諸費用も揃えておきましょう。

諸費用はその人の借りる額によって違いますが、いくら用意すればよいか銀行側から指示されます。

だいたい、数十万単位~数百万単位の金額が一般的の様です。

マイホームの為に思い切って住宅ローン審査甘い所に申込みしたけど、大手企業でなくても住宅ローン審査に落ちた人は少なくないのが現状です。

どうしても理由が分らないという方は確認しましょう。

貴方の年収が400万円以下だと厳しいかもしれません。

申請者の健康状態はどうか勤続年数に問題はないかも問われます。

今までに納金出来なかったデータが残っている方は、信用に欠ける人と判断されてしまい住宅ローン審査に通るには難しいでしょう。

どうしても結果に納得の出来ないという方は、再度カード会社に記録を確認するなど徹底しましょう。

スムーズにイオン銀行の住宅ローン審査に通るためにも事前の準備と下調べが必要です。

長年住宅ローンの支払いをしていると思いもよらない現金が手に入る事もあるかと思います。

その様な事があったら、是非繰り上げ返済を検討して下さい。

繰り上げ返済とは月々の住宅ローンとは別のもので、ある程度まとまった現金を返済するやり方です。

繰り上げ返済をする事により、元の住宅ローン残金を減らす事が出来ますので、元の借入額を減らす事が出来ます。

元の金額が減るので、月の返済金額も減ります。

繰り上げ返済をする時は無料な所と手数料がかかる銀行があります。

口コミサイトでは評判の良いイオン銀行の住宅ローン審査甘い物もご紹介していますので参考にしてみて下さい。

住宅ローン審査甘いところを通過後、住宅ローンの返済を毎月されている方の中には借り換えをしたいと考え始めた方もいらっしゃるはず借り換えとは、他の銀行で現在借りている住宅ローンを組み直す事です。

住宅ローン借り換えで、毎月の返済額が減ったりします。

ですが、借り換えは誰でも返済額を減らすことができるというわけではありません。

なぜなら、借り換えに数十万単位の諸費用が必要になります。

無料で借り換えが出来る金融機関はほとんど0でしょう。

借り換えを検討する時はそういった事も含め、住宅ローン返済シュミーションなどを利用し借り換えをした場合、いくら得になるのか事前に調べると良いです。